高血圧にも基準があり、家庭と病院では血圧の測定基準値が異なります。どのくらいの数値になったら高血圧なのか知りたい方はこのサイトをご参考にしていただけると嬉しいです。数値がわかると降圧の目安も立てやすくなりますよね。

降圧剤とバイアグラ

バイアグラとはED、勃起不全などの症状を改善するための治療薬です。バイアグラがEDを改善するメカニズムとしては、血管拡張作用をもたらすことが挙げられます。陰茎がじゅうぶんに勃起するためには性的興奮を感じ、それが刺激となって陰茎に伝わり、そして陰茎の海綿体に勢いよく血が流れ込むことが必要となります。しかし、何らかの原因によって血液がじゅうぶんに流れ込まないと、陰茎は勃起しません。この何らかの原因のひとつには、高血圧が含まれています。高血圧によって血管に負担がかかってしまっているため、血流がじゅうぶんに流れ込まないと言うわけです。ですからバイアグラを服用することで、血管が拡張されるためにそれを解消することが期待できます。しかし高血圧の人で、降圧剤を使用している人の場合は、バイアグラと降圧剤を同時に使用することはあまりおすすめできません。それは降圧剤もまた、血管の収縮を抑制し、血管を拡張することで降圧作用を発揮するためです。つまりバイアグラと降圧剤を一緒に服用すると、お互いの血管拡張作用、降圧作用が影響しあって、想定しなかったほどに血圧が下がってしまうと言う可能性もあるのです。血圧は高すぎるのも問題ですが、低すぎるのもやはり問題です。強いめまいや頭痛、全身の倦怠感などを感じる場合がありますし、更に程度が酷くなると意識を失ってしまったりすることもあるぐらいです。それでは、降圧剤を服用している人はバイアグラを服用してはいけないのかと言うと、それは個人の状態によります。ただ、自己判断で両方を服用するのはやはり危険ですから、まずは医師に相談することが必要です。また高血圧の状態が進行している人、だいたい上が170以上かつ/または下が100以上の人にはバイアグラは処方されないことになっています。これもやはり、急激な降圧を防ぐためです。